春、東北、温泉郷 2日目(緊急事態宣言前のことです)

 朝食では旅館ならではの豊富なおかずとつや姫を美味しく頂き、コーヒーを飲みながらやっぱりビジネスホテルとは違うなーと。ホテルだとどこも似たようなサービスの軽い朝食なので食べないで済ませることもよくあった。チェックアウトまでの1時間をテレビでも見ながらのんびり過ごそうかと思っていたところにフロントから電話が。

 本日乗る電車の時間をチェックインの時に告げていたのだが、なんと強風で全て運休になってしまったと。そのため新庄駅まで送迎バスを出してくれることになったが、ここを9時半に出発するという。予定ではその1時間後の電車に乗るはずだったが復旧する見込みは無さそうだったので有難く申し出を受けた。

 売店で胡椒いりのごぼう茶とペットボトルのお茶を購入し、ラウンジで出発までの時間を過ごした。マイクロバスがほぼ満席になるくらいの宿泊客。朝食の会場で見た殆どの人はマイカーで来たのか。バスは30分ほどで新庄駅に到着、乗り継いで大石田駅に10時半着。

 さてどうしよう。お目当ての銀山温泉に向かうバスは12:35までない。2時間もある。この雨と強風では散策もできない、かといって立ち寄るだけの観光でタクシーに乗るような散財もしたくない。どうしたもんかなと考えていると、目の前に宿泊したいと思っていた宿の名前が記載された送迎バスが止まった。宿泊客を乗せた電車も遅れているらしく、運転手のおじさんが駅構内とバスの間を行ったり来たりしていた。乗る予定だった公共バスでは旅館の日帰り温泉の時間には間に合わないので、公衆の温泉浴場に入れればいいかなくらいに思っていたのだけど、このバスに乗ることができれば…。

 私は意を決して交渉することにした。

 

「すみません、これは○○旅館の宿泊客専用のバスですよね?」

「そうです」(怪訝そうな顔)

「宿泊ではないのですが、○○旅館の日帰り温泉に入りたいと思っているのですが乗せて頂くことはできないでしょうか?」

「ああ。まあ、私の采配で決めていいことにはなってるんですけど、今回は○○旅館ではなくて、△△旅館の宿泊客の送迎なんですよ」

「あ、△△も知ってます。本当は宿泊したかったんですけど、一人だと予約が取れなくて。こちらに乗れたら日帰り温泉に入れるなと思って」

「うん、まあ、いいですよ。日帰り温泉を利用してくれるなら。私から宿の人に言っておきますから」

「ありがとうございます!」(やったあーと、たぶん全身で表現してた)

 

 宿泊客が到着し続々と乗り込んだのを見届けて最後に運転手さんの一番近くの席に座わった。赤信号で止まったところで、再度「本当に助かりました。おかげで温泉に入ることができます、有難うございました。」と。それから運転手さんと、観光シーズンになると駅はものすごい人だかりになって大変なことになり、バスを何台も出して何回も往復することになるとか、コロナウィルスのこととか雑談を。

 そうか、オーバーツーリスムになるから公共バスは電車の到着の数分前に出発しちゃうんだな、と思ったが、ここまで来る人は旅館に宿泊する人ばかりだからマイカーか宿の送迎バス利用で、そんなに公共バスを利用する人はいないのかもしれない、と思ったり。

 

「今日はちょっと遅れてるから近道しますね」

「はい」

 ほどなく銀山温泉郷へ。

「ここが○○旅館です。よかったらここの日帰り温泉も入っていってくださいね。バス亭はすぐそこです。このまま△△旅館まで行きます」

「はい、ありがとうございます」

 

 最後の客が降りてから財布をだし乗せて頂いた料金を払おうとしたが、日帰り温泉に入ってもらえればそれでいいからと固辞された。

 

「××さん、このお客さんは日帰り温泉のお客さんだからよろしく」と、宿の案内の方に告げると送迎バスは来た道を戻っていった。

 

 宿泊客の受付が終わってから、日帰り温泉の料金を支払い一人脱衣所へ向かったのがお昼前。ふふふ、かーしーきーりー。少し熱めの温泉につかり、小肥えた、じゃなくて(はずれてもないが)、凍えた体を温めた。

 体が温まったところで、宿を出て観光。しまった湯冷めする、とようやく気づく。しかも雨は雪なったり雨になったり。雨宿りに入ったレトロなお店で名物のカリーパンとコーヒーのセット頂く。座った席の壁には吉永小百合さまのサインが。さて帰りのバスの時間までどうしようと時計を見ると、まだ余裕でもう一つ日帰り温泉が入れる時間だった。目指すはバス亭の近くの○○旅館。

 

 今度は川の反対側の通りを写真を撮りながら戻った。昼もじゅうぶん風情があるけれど、やっぱり夜の景色のほうが良いかな、とにかくここは宿泊しなきゃもったいないところだと改めて思った。次は必ず。

 小さなバス亭の時刻表を確認し○○旅館の駐車場にさしかかったところで、軽トラックが接近してきてなんだろうと思っていると窓があき、男の人が顔をだした。

「こんちは!」

 見るとさっき乗せてきてくれた送迎バスの運転手さんだった。

「あー!△△旅館の日帰り温泉入ってきましたー。今度は○○温泉に入ります!」と宿を指差しながら言うと、

「どうも!」と、笑って去って行った。

 

 二つ目の温泉につかりながら、電車が運休になったと連絡が入った時はどうなることやらと思ったけど、こうして無理だと思っていた銀山温泉で二つの宿の温泉に入ることができたなんて、なんてラッキーなんだろう、何がどう転ぶかなんてほんと誰にもわからないものだな、なんてことを考えた。使い果たしたはずの運がまだ少し残っていたのか。

 そういえば、私は四つ葉のクローバーとよく目が合い数分のうちにたくさん見つけることができるのだけど、それを姉に見せると「そんなことで運の無駄使いするな」とよく言われた。四つ葉に関しては私としては別に運とか思ってなくて、ホントにただ目が合うだけなんだけどね。

 

 日帰り温泉の終了の10分前に出て、バスの時間までラウンジの大きな一人掛けのソファに座って一休み。外は相変わらず雨になったり雪になったり。お土産を買って10分前になったのでバス亭へ向かった…が、やはり寒かった。この10分前行動を心底呪ったワタクシ。せっかく温まったのにまた湯冷めだよ!始発だし、バス亭近くなんだからギリギリまでラウンジに居ればよかったんだ。風が吹き抜ける小さいバス亭のベンチには私の他に3人の若者が凍えていた。

 

 やっと、というか時間通りにやってきたバスに乗り込んでほっとしていると、あることに気づいた。事前に調べたこの公共バスは駅までバス亭がいくつもあるのに、全く次のバス亭を告げるアナウンスというものが無いのだ。来る時公共バスに乗ってこなかった私は不安でしかたがない。だってバスの前方には「銀山温泉山形空港」と書いたプレートが下がっている。確かバス亭には空港直行便というのも書いてあった。間違って空港直行便に乗ってしまったのか?だからアナウンスが一つもないのか?と。運転手さんに訊くか?でも料金は大石田駅までの料金だったし、でもここで確認しないで空港に連れて行かれたら大変なことになるぞ、と、赤信号で止まったところで運転手さんに「空港往復のプレートが出てますが、このバスは大石田駅に行きますか?」と尋ねると、運転手さんはぶっきらぼうに「行きますよ」と。何言ってんの、当たり前じゃん、という心の声も続いて聞こえた。

 

 びっくりした。その後相変わらず無音だったバスの中で突然ピンポーンと停車ボタンの音が響いたのだ。何も告げない運転手さんと、無言で降りる女性客。ここは何処なんだと思いながら、手前の建物を見ると市役所だった。市役所、バス亭の中にあった市役所前か。すげぇー、これはひょっとしてジモティ御用達の公共バスなのか。ジモティ以外の人間は銀山温泉乗降客しかいないと割り切って、バス亭のアナウンスを一切していないのか?なんにしても初めての経験。

 

 無事、駅に着いたと思ったら、ここからが大変だった。台風の影響で東北新幹線が遅れ、その影響で在来線も遅れに遅れていたのだ。温泉効果が完全に消え、寒くなってきたのでバッグからウルトラライトダウンのベストを引っ張り出して着こむ。安堵。荷物になるかなと思ったけど、持ってきてよかった。

 何も知らずに駅構内に入ってくる乗客が30分ごとにやってきて駅員さんに説明を求めていた。そのやり取りを何度か聞いているうちに新幹線が動き出したので在来線もその後に続くだろうわかった。駅に足止めされること約2時間。でも、2パターン用意しといた後のほうのスケジュール通りだと思えば何も問題無しだ。

 

 ということで、予定通り18時にさくらんぼ東根駅着。寒い、お腹すいた、と浮浪者のようにホテルに向かう途中、モスバーガーの看板が目に飛び込み、猫まっしぐら。体が温まってから寒風吹きすさぶ中、天然温泉のあるビジネスホテルに向かった。同じ系列の高山のホテルに泊まったことがあるけど、ここは男女入れ替え制ではなく、男風呂は1階で、女風呂は私の部屋と同じ2階なので安心して温泉に入れる。

 荷解きをして、ベッドに少し横になるとチェックイン時に持ってきた枕がどうにも低すぎたので別の枕を取りに一階へ戻った。適度に高さのある枕を持って、エレベーターが降りてくるの待っていると、ホテル備え付けの部屋着(ビッグシャツ風の)を着て、酔っぱらいがよく頭にネクタイを巻くような感じで濡れたタオルを頭にしばりつけた温泉から出てきたばかりの全身赤く火照った小太りの男性がエレベーターの前に現れた。並んで待っていると、男性が先に入って、どうしようか迷ったけどエイっとエレベーターに乗り込んでしまった。いつもの私だったら絶対見送っていたが、なぜだろう?乗ってしまった。なんかその恰好がコントでしか見ないようなとても愉快な感じだったのだ。まるでドランクドラゴンの塚っちゃんにそっくり。本人じゃないかと思うくらい。相手も乗り込んできた私に「乗るんかい?!」と少し怯んでいた感じで、余計に愉快だった。

 

 部屋に戻って枕の高さを確認し、横になってテレビをしばし眺める。今時は部屋だけでなく、浴場も暗証番号入力なのね、と安心して、本日三度目の温泉を堪能。もう湯冷めの心配はない。

 

春、東北、温泉郷 1日目(緊急事態宣言前のことです)

前日に最寄駅の駅員さんに電車旅の工程表を見せどのように切符を買うのが効率的か相談し、駅員さんが頭をひねって取ってくれた切符がちょっと複雑で不安だったのだが、案の定、最初の到着駅で1時間ほど乗換時間があったので途中下車しようと切符を提示すると、若い駅員さんにいきなり回収されそうになった。

 

当惑しながら

 「待ってください。今これで乗ってきたばかりなんですけど」

 「帰りのチケットを見せてください」

パンパンに詰め込んだミシュランバックパックを肩からおろし、財布を取り出して帰りのチケットを提示すると

 「うん、これで帰れます」

 「え?いえ、日付見てください。今日一日目です。これから○線と×線と△線と◇線を旅してここに戻ってくるんです。」

切符をまじまじと見て、笑いながら

 「すみません。ちゃんと見てませんでした!」

 「・・・。」

 

んもう、可愛いから許す!

 

着いたばかりの最初の駅でいきなり帰されそうになってんですけど大丈夫か、私。てな感じ。

 

次の次、つまり本日三番目の在来線の電車の中で食べる遅めの昼食の駅弁を購入。山の中を走る単線の在来線、大好き。ワクワクする。トイレさえついていれば何時間でも乗っていられる。一度も利用したことはないけれど、まあお守りみたいな安心感があるので。

温泉郷の女将監修のお弁当ということだったが、「あら、美味しい」と思ったのはデザートの栗大福。お土産にどうぞってことか、賢い。

 

いくつかの温泉郷を抜け、雪山が迫ってくるともうじっとしてられなくて、スマホで写真を撮りまくり。いつのまに乗り鉄撮り鉄になったのか。あ、電車の写真は撮ってないから撮り鉄ではないか。とりあえず、女性に鉄分補給は大事なのです。

 

なんやかんやで駅到着。ホームに降りたのは私だけだったが、宿に送迎を予約してあったので、一人お迎えのマイクロバスに乗り込む。一人旅でもネット予約ができた貴重な温泉郷の旅館。チェックイン時に明日の駅までの送迎の予約をし、今夜は温泉にゆっくり浸かって体を休め、明日のメインの観光に備える、つもりだったが、湯船から全面見渡せる露天風呂がある小さい日本庭園風の庭は簡単に外から人が入ってこれるような作りで、その庭のほうからカタンカタンと物を片付けるような音がしたもんだからトラウマが蘇り、落ち着かなくてサッサと出てしまった。電車に乗っている時、窓から露天風呂が丸見えの宿があったりして「随分開放的なんだな、私には絶対無理」と思ったのを思い出した。

 

部屋に戻って、ウエルカムバイキングとでもいうのだろうか、いくつか選んで部屋に持ってきていた数種類のお菓子と胡椒のきいたごぼう茶を飲んだ。ちょっとしょっぱかったけど美味しくて最後まで飲み干したら胡椒の粒が気管に入って思いっきりむせてしまった。この危険なトラップが仕込まれた飲み物が気に入り、ごぼう茶好きの姉にも是非飲んでもらいたい、明日売店でお土産に買おう、と、歯を磨きながら思ったのでした。

 

 

ここ半年のことなど忘備録的に綴ってみる

さて、前回の投稿から半年も経ってしまいましたが生きております。

 

9月の姪の結婚式、富山&滋賀旅行も滞りなく遂行。

富山の民宿でよく相部屋になる銀髪の凛とした女性とは今年は会えないだろうなあ、なんて書いておりましたが、夜公演で整理番号順に並ぶため、このへんかなと目星をつけ並んでいた方に声を掛け見せてもらった番号がちょうど一つ前で「あ、次ですー」と暗闇の中視線を上げると、なんとなんとその方ご本人だったのです!

もうワタクシ興奮して、「すごい偶然!今年は民宿に泊まらないで帰るから会えないだろうなと思ってたんです。(私たち)絶対縁があります!」とまくしたててしまいました。会えないどころか二人並んで観劇できるなんて。公演終了後は恒例の鏡割り、舞台に降りて樽酒を頂き二人でおしゃべりしながら、それぞれの帰りのバスへ向かったのでした。面白いのは、二人とも決して相手の名前を聞こうとしないこと。

 

翌日は滋賀へ移動。一泊して翌日荷物をホテルに預け、駅からバスでMIHO MUSEUMへ。バスの中は外国の方が多くてこちらが異国へ行ったような感覚に。桃源郷へ抜ける長いトンネル。現れたMUSEUMで展示物をゆっくり鑑賞し、ショップでイオ・ミン・ペイ氏の小冊子といわさきちひろの挿絵の「青い鳥」を購入。画像を乗せようと思ったけどアップロードがうまくいかないので断念。

 

年末には東京で一人暮らししている姪っ子Yちゃんと靖国神社へ。ご朱印なんて興味ないかなと思っていたら、ご朱印帳どころかそのカバーまで綺麗だと言うので二人でお揃いで買うことに。御創立百五十年に間に合いました。お次は妹に先を越されたYちゃんにもよいご縁がありますようにと東京大神宮へ。思いのほかこじんまりとした神社でした。縁結びのお守りを買う様子もなかったので、私が買ってなかば強引に持たせたり。余計なお世話か。その後は新宿へ。Aちゃんとは東京タワー、Pちゃんとはスカイツリーへ行ったので、Yちゃんとは都庁の展望台へと行き、夕食は新大久保でサムギョプサル堪能。ガリガリで韓国人みたいな体型だけどほんとよく食べるこ。

 

1月は新メンバーAちゃんの夫君も参加し、近場でささやかな家族旅行。

 

2月はお揃いで買ったご朱印帳を活用しようとYちゃんと東京五社を制覇すべく府中の大國魂神社へ。帰りは調布の深大寺にもよって、Pちゃんがアルバイトしている渋谷の定食屋で牛タンを食し、初のYちゃんちお泊り。新しくきれいなアパートでセキュリティも万全、至れり尽くせりのお部屋でオバちゃんは少し安心しました。グーグルマップで見たら駅からけっこう距離があり、夜遅くに帰宅するので心配だったのですが、車が一台通れるくらいのくねくねした住宅密集地の中を通るので「全然大丈夫」と。持たせようと用意してきた防犯ブザー2個とキーホルダータイプのライトは部屋の片隅にポイっとな。

翌日仕事のYちゃんと新宿で別れ、明治神宮日枝神社に行って一足お先に東京五社制覇。

 

そして3月。ここ数年はソウルやタイペイに行ってしまったので空いてしまいましが、今年の行くぜ東北は山形です。最近よくつるんでいたYちゃんも行きたい!と言っていたのですが、休みがあわず今年も一人旅。二人だったら結構よい部屋がとれるのだけど、ね。電車でのんびりと、冠に気をつけながら行ってこようと思います。ご朱印帳も忘れずに。

 

いよいよ

明日、というか本日、年休を取って恒例の富山入りである。

 

先週の姪の結婚式は無事終了、心おきなくフェスを楽しむのだ。

 

もともと喉が弱いのはよくわかっていたのだけど、様々な要因で気管支喘息みたいになってしまい、今も声が嗄れたりひっくり返ったりして不快というか不調ではあるけれど、最初の頃の気管が塞がって寝ている間に死んでしまうんではないかという不安は解消されたのでよしとする。人生初の吸入薬を処方されたり。

 

と、そんなこんなで夜行バスはやめて金曜は移動のみとし、駅近のビジネスホテル泊。土曜の朝、電車とバスを乗り継いで入村し、3公演を堪能後、22時発の連絡バスで戻りビジネスホテルに連泊とした。

 

翌日はMIHO MUSEUMに行くことだけは決まってるけど、そのあとは適当。お天気はよさそうだけど、暑いのか涼しいのかよくわからず、相変わらずいろんな意味でとんちんかんなカッコで過ごすことになりそうな悪寒。

 

風邪に気を付けよう。

 

ベランダで育てていたハイビスカスがやたら背丈ばかり大きくなり、やっと今日の月みたいな色の蕾をつけたところなので、実家に持って行って姉に水やりをお願いしたのだけど、なんでも簡単に枯らしてしまう人なのですごく不安。どうか無事でいて。

先行予約

毎年一回、電話と格闘する日。

電話予約順に各公演の入場番号が割り振られるので受付開始からガンガン電話しまくるのだが、繋がるのはいつもお昼も過ぎた頃。

 

それが今年は会員向けに先行予約が設定され、平日である本日からとなった。午前中にフル回転で仕事を終え、午後年休をとり猛ダッシュで帰宅。ううーん繋がらない、とリダイヤルを押し続け長期戦になりそうだとテレビをつけた途端につながった。慌ててテレビのボリュームを下げ希望の日時の公演を例によって1枚ずつ予約。今年は姉も行きたいと言っていたのだけど、何せ9月の第一日曜日に娘の結婚式があり、その前後は多忙と疲労で動けないだろうと断念。私も姪の結婚式の前に入村し何かトラブルが起こって帰宅困難になり出席できない、なんてことにならないよう14日の「果てこん」を予約。これさえ観れば、今年の特に大きなフェスであっても70、いや80、いや90%は満足できる、と個人的に思っている。

 

まあ、毎年これを目的に富山入りしてることに嘘偽りはない。今回いつもと違うのは、その旅程にMIHO MUSEUM行きを打ち込んだこと。そのため民宿泊はやめて、公演終了後に出る連絡バスで富山に戻ることだ。常宿になっている民宿では、ほんとに偶然なのだけど、東京から来る年配の演劇ファンの女性と一緒になることが多く、アングラ全盛期を知っている彼女から話を聞くことが楽しくて、二人で大いに盛り上がったり。会場でお会いできたことはないのだけど、この女性とは何年か前の静岡の公演でも偶然一緒になったことがあるので、今回会えなくてもきっと縁があるだろうと勝手に思っている。

 

富山駅近くのホテルに深夜入りし、9時間後に京都へ向かう。桃源郷を満喫するため、この日は最寄駅のホテルに泊まり、翌日、京都をチャチャッと観光して帰宅、か。ま、この通りに行くかどうかは当日までわからないのだけど。

イオ・ミン・ペイ

先週の金曜日、ネットニュースの訃報で彼を知る。

ルーブル美術館のあのガラスのピラミッドを設計した建築家だという。調べてみると1989年完成とあるから、私はまさにその年、パリを訪れこの目でそのピラミッドを見ていたのだった。

あまりに遠い昔のことだし、当時はドイツに興味があったので、その後に行ったノイシュバンシュタイン城の方がよく覚えている。と思っていたが、どうやらそれもあやふや。だって30年も前じゃん!パリはその後3回行ってるけど、それも昔々のお話だ。最近はソウル、台湾と近場が続いている。次は香港にでも行ってみようか。本当は東欧に行きたいところだけど、費用と時間の捻出がどうにも難しそう。

でも、国内であるなら是非ともここは一度は訪れたい。ペイ氏が創った現代の桃源郷MIHO MUSEUMだ。

今年のシアター・オリンピックスの際に、そのまま足をのばしてみようかなどど、今からあれこれルートを考えている。いつにもましてスケジュール的にハードな旅になりそう。でもこれを考えている時がけっこう楽しい。実際には全く違った展開になることが多々あるのだけどね。