先行予約

毎年一回、電話と格闘する日。

電話予約順に各公演の入場番号が割り振られるので受付開始からガンガン電話しまくるのだが、繋がるのはいつもお昼も過ぎた頃。

 

それが今年は会員向けに先行予約が設定され、平日である本日からとなった。午前中にフル回転で仕事を終え、午後年休をとり猛ダッシュで帰宅。ううーん繋がらない、とリダイヤルを押し続け長期戦になりそうだとテレビをつけた途端につながった。慌ててテレビのボリュームを下げ希望の日時の公演を例によって1枚ずつ予約。今年は姉も行きたいと言っていたのだけど、何せ9月の第一日曜日に娘の結婚式があり、その前後は多忙と疲労で動けないだろうと断念。私も姪の結婚式の前に入村し何かトラブルが起こって帰宅困難になり出席できない、なんてことにならないよう14日の「果てこん」を予約。これさえ観れば、今年の特に大きなフェスであっても70、いや80、いや90%は満足できる、と個人的に思っている。

 

まあ、毎年これを目的に富山入りしてることに嘘偽りはない。今回いつもと違うのは、その旅程にMIHO MUSEUM行きを打ち込んだこと。そのため民宿泊はやめて、公演終了後に出る連絡バスで富山に戻ることだ。常宿になっている民宿では、ほんとに偶然なのだけど、東京から来る年配の演劇ファンの女性と一緒になることが多く、アングラ全盛期を知っている彼女から話を聞くことが楽しくて、二人で大いに盛り上がったり。会場でお会いできたことはないのだけど、この女性とは何年か前の静岡の公演でも偶然一緒になったことがあるので、今回会えなくてもきっと縁があるだろうと勝手に思っている。

 

富山駅近くのホテルに深夜入りし、9時間後に京都へ向かう。桃源郷を満喫するため、この日は最寄駅のホテルに泊まり、翌日、京都をチャチャッと観光して帰宅、か。ま、この通りに行くかどうかは当日までわからないのだけど。

イオ・ミン・ペイ

先週の金曜日、ネットニュースの訃報で彼を知る。

ルーブル美術館のあのガラスのピラミッドを設計した建築家だという。調べてみると1989年完成とあるから、私はまさにその年、パリを訪れこの目でそのピラミッドを見ていたのだった。

あまりに遠い昔のことだし、当時はドイツに興味があったので、その後に行ったノイシュバンシュタイン城の方がよく覚えている。と思っていたが、どうやらそれもあやふや。だって30年も前じゃん!パリはその後3回行ってるけど、それも昔々のお話だ。最近はソウル、台湾と近場が続いている。次は香港にでも行ってみようか。本当は東欧に行きたいところだけど、費用と時間の捻出がどうにも難しそう。

でも、国内であるなら是非ともここは一度は訪れたい。ペイ氏が創った現代の桃源郷MIHO MUSEUMだ。

今年のシアター・オリンピックスの際に、そのまま足をのばしてみようかなどど、今からあれこれルートを考えている。いつにもましてスケジュール的にハードな旅になりそう。でもこれを考えている時がけっこう楽しい。実際には全く違った展開になることが多々あるのだけどね。

なんてこったい

長引いていた風邪の症状がやっと落ち着き、久しぶりに更新しようかしら、と、はてなダイアリーにログインすると、なななんと、編集機能が消えているではないか!

わけがわからず焦りながらあちこちクリックし管理タブを開くと、そこで初めて「はてなブログへの自動移行と移行先について」なるものに気づいた。

 

なんてこったい、全然知らなんだ。お知らせメールとか読まずにサクサクっと削除していたし。。。これじゃ私の願いなど未来永劫叶うわけもない。10年くらい平気で待てる私だけど、これはもう諦めるしかないのですね、きっとそういう運命なのだわ。くすん。

 

とりあえず、2月には友人2人が出演する舞台が中板橋であるので、昨年の山フェス以来の観劇で気分を晴らす。東京に一泊するのだけど、都内のホテルのなんと高騰したことか。そしてホステルがやたら多くなった。これも観光立国と東京オリンピックを想定してのことなのだろうけど、もう少しなんとかならないものか。

 

昨年10月にPちゃん親子とイベントに参加した時は、初めて山手線の駅から外れた「明日のジョー」の舞台、泪橋にあるホステルを利用した。ホステル自体は3人部屋だったので周りを気にすることなくそこそこ快適に過ごせたのだけど、ホステルに向かっていた23時頃に立ち寄ったコンビニの前で、反対側の道路にいた千鳥足のオジサンが脱げてしまったサンダルを何度も履こう試みては失敗するというまるでドリフのコントのような光景を見て、「アレって大げさにやってるんだと思ってたけど違うんだね!ホントにあるんだね!」と、転びそうで転ばない、あと少しで履けそうなのに履けないというその妙技に興奮し、しばし見入ってしまった。ほんとにいいものを見せてもらった。

 

でも、他人に気兼ねせずゆっくりのんびりしたい派の私にホステルは厳しいので、今回は元に戻って普通のホテルを予約。12月に泊まった新宿御苑近くのホテルはレディースルームとかでフットマッサージとかいろいろあったのだけどメンドクサくて使用せず、女性のマッサージの方をお願いしたり。今回も女性の方がいたらマッサージをお願いするつもり。実はこれがホテルに泊まる一番の楽しみだったりする。

 

再確認


 2日の一般参賀に行って改めて分かったことは、私は人混みが本当に苦手だということ。


 でも中央のよい場所でお迎えすることができ、天皇皇后両陛下、皇太子ご夫妻、秋篠宮ご夫妻、眞子さま、佳子さま8人全員のお姿をこの目で見ることも叶った。まわりの方がスマホを取り出しカシャカシャと撮影するのを見て、目カメラに収めようと思っていた私も終わりのころには腕を伸ばして写っているかもわからないまま撮影してみたり。


 


 9時に並んで陛下がお祝いを述べられる4回目の13時の回になったのだけど、私の後ろにはまだまだ人がたくさん並んでいて、5回がラストなのだけど果たして間に合うのだろうか?と思っていたら2回追加して7回行っていたのですね。時間を繰り上げてくれたり、なんて優しいのだろう。


 


 天皇皇后両陛下は私が知る日本人の中で最も誠実な方々だ。一般人には想像もつかない苦難の道をお二人で乗り越えてきたことを思うと、あらゆる点でいたらない私の心臓はただただ震える。静かに小さく震えて。。。

 私にとって本当のアイドルなのかもしれない。

   

HAPPY NEW YEAR


 あっと言う間に3ヶ月が過ぎ、新年を迎え、あと数時間(現在02:22)も経てば高速バスに乗り込み「はじめてのおつかい」ならぬはじめての一般参賀に向かう。書きたいことはいろいろあるが、今はとにかく仮眠することが賢明か。


  

願ったり、祈ったり


 今週末は社用で東海地方へ。

 無事に時が過ぎることを願う。私が暴れたりしないように。



 そして翌日は気分を変えてひとり木曽路へ。

 この2年で計7キロも太ってしまいBMI値が初めて20を超えてしまった。あれだけストイックに筋トレし、妹に「三食パンみたい」と言わしめた腹筋も、ジムをやめてしまったこともあり運動量が激減、当然のごとく、、、以下略。


 なのでウン年ぶりにハイキングでもしてカロリー消化に努めようと思っているのだけど、心配なのは気まぐれ続きのこの天気だ。とりあえず一泊するのでどちらかは晴れてくれ、と心から祈る。